2013年08月02日

直接税と間接税の違い



直接税とは税金を納めなければならない義務付けられた者と、
その税金を実質的に負担する者とが同じである税金です。


間接税とは酒税・たばこ税、消費税などのように、税金を計算して収めるように
義務付けられた者と、その税金を実質的に負担する者とが異なる税金です。


簡単にいうと、税金を「納める人」と「払う人」が違うかどうかということです。


直接税―法人税・所得税・相続税・贈与税・地価税など

間接税―消費税・印紙税・ゴルフ場利用税・石油ガス税など

自分の条件に合った税理士はどこで探せばいいの?
税理士紹介コンシェルジュ
全国から無料で税理士を紹介してくれるサイトです。

相続税の相談ができる税理士を探すには?
税理士検索 相続税申告ナビ
こちらのサイトがおすすめです!

ラベル:直接税 間接税
posted by 5604 at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 税金について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。